ギャンブル描写のある有名なミュージックビデオ

有名な音楽

カジノの世界における最もポジティブな発展の一つは、ポップカルチャーへの業界の統合である。音楽や映画でのカジノの描写は今や一般的であるが、ここに至るまで多くの働き掛けや努力があった。音楽及び映画業界の助けを得て、カジノ業界の地方文化への組み込みは可能となった。最初の統合は、ギャンブルに関するより多くの映画が作られた20世紀後半に始まった。

ザ・ギャンブラー – ケニー・ロジャーズ:以前に比べ音楽とギャンブルは完全に結び付いている。両者の融合を見るのは今や普通であるが、ザ・ギャンブラーが世に出た1978年では異様なことであった。本曲は音楽業界におけるギャンブルのテーマの雰囲気を盛り上げた。

ユア・メイキン・ミー・ハイ:これはギャンブル音楽の初期に発売され歴史を作った曲の一つである。闇や薄暗さとは対照的に、ギャンブル感のある少しアップビートな曲である。トニ・ブラクストンのこの曲は、カジノにおける古典的な楽曲の一つである。頻繁に耳にする事はないかもしれないが、本曲は確かにコレクションの一つである。

マイアヒ・ライフリアーナに関しては、彼女の音楽はそのジャンルを有している。音楽制作、思慮深い歌詞、ギャンブルの象徴において現代の卓越性を持つこの曲は、優れた芸術作品を楽しむ人のためのものである。2008年に発表されたこの曲は、ギャンブル業界におけるトップ曲の一つとなった。

ユナイティング・ネイションズこの曲はすべてを特徴付けている。ギャンブルのイメージ、素晴らしい音楽、そして聞き手を引き込む能力。優れた音楽作品として考えられ、ユナイティング・ネイションズはギャンブルへの現代的な試みであり、楽しませてくれる作品を探しているならこれは適曲である。曲が進むにつれストーリーが展開する。本曲で登場するポーカーはストリップポーカーの描写を加え一味違うものになっており、本楽曲は確かに必見である。

ケイティ・ペリーケイティ・ペリーの曲にはユニークなビートが存在する。カジノパーティーであろうとなかろうと聞かずにはいられない。この2009年のギャンブル音楽は、ケイティのパーティーのテーマを強めている。運が変化していき、曲のイメージも変化する。本曲はスロットのレバーから始まり、登場人物がギャンブルに勝ち展開していく。音楽的傑作であるだけでなく、多くのギャンブルの比喩が存在する。この曲はギャンブルに熱中する人々を引き込み、また、洗練された曲に仕上げるユニークなアップビートも有している。ギャンブルに熱中しているかどうかに関わらず、ケイティ・ペリーの曲は聞き手を引き付けるこの特徴的なサウンドを持っている。

ケイティのパーティーテーマ

結論

ギャンブルは、もはやカジノでユニークまたは珍しいテーマではない。より多くのアーティストがこのテーマを使用して曲を作り、ミュージックビデオにおいてより一般的となった。業界におけるこれら全ての描写は、ギャンブルが肯定的な世論を作り上げる手助けとなった。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *